ハニーワーム

ハニーワームはハチノスツヅリガの幼虫です。
ハチミツ・ふすま・おからなどを入れたスフィロアクアオリジナル配合飼料で育てています。
栄養価が高い餌となるため「おやつ」や「拒食時」「生体の産卵後」などの栄養補給に活用ください。

【エサ用ハニーワームの特徴】

  • ハチミツを食べるため栄養価が高い
  • 動きが鈍いため扱いやすい
  • 配送時のカップ(直径8センチ) (バリューパックは直径13センチ)でそのまま保管でき、場所を取らない
  • 地表性カエルやイモリなどの両生類、トカゲ、カメレオンなどの爬虫類、カマキリやクモなどの肉食性昆虫、ハリネズミやフクロモモンガなどの小型哺乳類など幅広い種類のペットのエサ用ワームとして与えていただけます。

年間を通じて一定の温度と湿度に空調管理された自家養殖場から、活きのよい国産ハニーワームをお届けいたします。

ハチノスツヅリガはミツバチの巣を食い荒らすため養蜂家にとって非常に迷惑な昆虫です。絶対に戸外に逃がさないようにお願いいたします。

商品ラインナップ商品ラインナップ

実在庫について

「カゴへ」ボタンより買い物かご画面へお進みいただき、「在庫数が不足しているため購入できない商品が含まれています。」と表示された商品については在庫がございませんのでご了承ください。また、他のお客様との同時注文等の関係で、ご購入いただけた商品についても在庫不足の場合もございます。

ハニーワーム

バリューパック

  • 一定のグラム数採取した卵をプラカップに餌と一緒に入れて育てたものです。
  • 成長速度に個体差があったり、孵化しない無精卵があるため入数と大きさにバラツキが生じます。
  • 匹数を数えたり大きさを確認したりすることはせずに販売するため安価となります。入数や大きさについての苦情・お問い合わせは一切受け付けておりませんのでご注意ください。
ハニーワーム【バリューパック】卵~SS

卵の状態もしくは孵化直後のハニーワームです。孵化直後の個体は白くホコリくらいの大きさでピンセットで掴むことは困難です。30度くらいの気温で孵化・成長が進みます。

卵~SSサイズ
卵~3mm
約80匹~ 500(税込)
卵~SSサイズ
卵~3mm
約130匹~ 800(税込)
 
ハニーワーム【バリューパック】SS~S

カップの中にはハニーワームフードが少し入っていますが大きく育てていきたい場合はハニーワームフードも別途ご購入いただくことをお勧めいたします。

SS~Sサイズ
3~10mm
約80匹~ 500(税込)
SS~Sサイズ
3~10mm
約130匹~ 800(税込)
 
ハニーワーム【バリューパック】S
Sサイズ
5~20mm
約50匹~ 500(税込)
Sサイズ
5~20mm
約100匹~ 800(税込)
 
ハニーワーム【バリューパック】S~M
S~Mサイズ
10~25mm
約100匹~ 800(税込)
ハニーワーム

【M】サイズ

体長:15mm~25mm
  • 色が灰色の個体もございますが同じ餌・環境で育てたものです。餌としての質は問題ございません。
ハニーワーム【M】サイズ 体長:約10~20mm
ハニーワームカップ×1 50 (1匹≒12円) 600(税込)
ハニーワームカップ 50匹×2 100 (1匹≒10円) 1100(税込)
ハニーワーム

【L】サイズ

体長:25mm~35mm
  • 色が灰色の個体もございますが同じ餌・環境で育てたものです。餌としての質は問題ございません。
ハニーワーム【L】サイズ 体長:約20~30mm
ハニーワームカップ×1 25 (1匹≒20円) 500(税込)
ハニーワームカップ×1 50 (1匹≒17円) 850(税込)
ハニーワームカップ 50匹×2 100 (1匹≒16円) 1600(税込)

ハニーワームの飼育方法はコチラ

スフィロアクアオリジナル

ハニーワームフード

嗜好性と栄養価を考慮してハチミツ・ふすま・おからなど数種類の原料をブレンドしてあります。
  • 穀類の害虫が発生することがあります。
  • 常温で保存すると発酵してしまうことがあるため、保存する場合は冷蔵庫に入れて保存して下さい。
  • 2か月を目安にお使いください。
  • 一気にたくさんの量を与えるのでなく、保管容器の中のハニーワームフードがなくなったらその都度少しづつ与えていただくとハニーワームの長期保存ができます。
ハニーワームフード
40g入 200(税込)
250g入 800(税込)

サイズについてサイズについて

ハニーワームサイズ比較

写真をクリックいただくと写真でサイズの比較ができます。1つのマス目は1cmです。

  • サイズの選択で迷った場合は、1サイズ小さいハニーワームをお勧めします。もし、小さすぎても飼育すれば大きくなるので使うことができますが、大きすぎると食べることができず無駄になる恐れがあります。
ページトップへPAGE TOP